• 編集プロダクション・リブロワークスのWebサイト

    スマートフォン、Webサービス、プログラミング、WebデザインなどIT系を中心に幅広く書籍を手がけている弊社ですが、私はその中でもよくプログラミング関連の書籍を担当します。
    JavaやPythonなど文法解説を執筆する際は、サンプルプログラムをイチから書くのですが、読者の皆さまが文法を理解しやすいサンプルになるように、と心がけております。

    しかし、よいサンプルプログラムがなかなか書けないときは、
    「プログラムの神よ!降りてこい!!」と心の中で叫んでいたりします。

    プログラムの神はいないのですが、実はITに関連する神社が都内にあります。
    今回の社員ブログでは、ITに関連する神社を2社紹介します。

    江戸総鎮守 神田明神

    JR 御茶ノ水駅から徒歩5分の場所にあり非常にアクセスのよい神社で、正式名称は神田神社といいます。

    730年に創建された歴史のある神社で、創建当時は御茶ノ水ではなく、千代田区大手町にありました。1616年(江戸時代)に現在の場所に移り、1923年に関東大震災で消失してしまいましたが、1934年に再建され今の姿を残しています。

    徳川家康との関連性など、公式サイトにわかりやすい説明がありますので、歴史に興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

    ▶︎神田明神公式サイト

    神田明神では、次の神様をお祀りしています。

    • 大己貴命(おおなむちのみこと)、国土経営、夫婦和合、縁結びの神様
    • 少彦名命(すくなひこなのみこ)、商売繁昌、医薬健康、開運招福の神様
    • 平将門命(たいらのまさかどのみこと)、除災厄除の神様

    神田明神とIT

    ITに関係なさそう、と思うかもしれません。
    地図で神田明神の場所を見てみましょう。

    もしかしたら、JR 御茶ノ水駅で、すぐ思いついた方もいるのではないでしょうか。
    神田明神の氏子区域(守る地域)には、神田、日本橋、大手町、秋葉原と、ビジネス街や電気街があり、パソコンを扱う方が多くいらっしゃる地域です。

    もともと、商売繁昌の祈願やお守りの授与は行っていたのですが、IT化にともない商売繁昌の祈願やお守りではIT関連に対応できない……!ということで、2002年からIT情報守護のお守りをいただけるようになりました。
    また、2020年にはパソコンの供養も行っています。

    個人情報を扱っている方は、参拝に行かれてはどうでしょうか。

    愛宕神社

    続いてはコチラ、出世の階段で有名な港区虎ノ門にある愛宕神社です。
    地下鉄が張り巡らされた地域なので近辺にいくつか駅があるのですが、千代田線の神谷町駅もしくは日比谷線の虎ノ門ヒルズ駅が最寄り駅だと思います。

    ▶︎愛宕神社公式サイト

    この階段、本当にキツイので参拝の際は、歩きやすい靴で行ってください。
    (この写真だと、ちょっと傾斜がわかりづらいですが……)

    馬で頂上まで駆け上り梅を取ってきた方が、「日本一の馬術の名人」と讃えられたそうです。
    愛宕神社は、比較的新しい神社で1603年に創建されました。ちょうど、徳川家康が江戸幕府を開いた年です。江戸は火事が多かったことから、徳川家康公の命により防火の神様として祀られました。関東大震災や東京大空襲で社殿などは消失してしまい、1958年に再建されたものが今も残っています。

    ちなみに、防火の神様は火産霊命(ほむすびのみこと)という火の神様です。

    愛宕神社とIT

    またもや、ITとは関係なさそうですね。
    公式サイトをよく確認してみてください。

    御利益 印刷・コンピュータ関係
    としっかり記載があります。
    実は、火と電気(電気を使う製品)は非常に深い関係があるのです。

    火力発電では、「火の力」を使って電気を作ります。
    この火力発電で、機械(ボイラー)に火を付けることを「火入れ」といいいます。

    ▶︎関西電力「火力発電の仕組み」

    また、機器に電源を入れて動作させることを「火入れ」ともいいます。
    そのため、大量の電気を使う印刷・コンピュータ関係にも御利益があるそうです。

    残念ながら、コロナ禍の影響で社務所が早くに閉まってしまい、参拝した日に御朱印をいただけませんでした……。
    以前、参拝したときにいただいた御朱印をはっておきます。

    オススメの参拝コース

    神田明神と愛宕神社は、どちらも銀座線の駅が徒歩10分圏内にあります。スムーズに電車に乗れれば、移動に30分もかかりませんので、同日に参拝できると思います。

    また、時間があるようでしたら、間に烏森神社の参拝もオススメです。
    ITには関係ないのですが、天鈿女命(あまのうずめのみこと)という芸能の神様をお祀りしている数少ない神社の1つです。

    まさかこんなところに神社が……! という驚きが得られます。
    私はよく舞台などのチケット当選祈願をしています。

    実は……

    単純に、寺社巡りが好きなだけなので、好きな神社を紹介したいだけのブログでした。
    「昔、〇〇〇も来たのかな?」と思いを馳せるのも楽しいですよ。
    ※〇〇〇にはお好きな歴史上の人物をあてはめてください。

    色々な神様がいらっしゃるので、自分にあった神社を探してみてはどうでしょうか。