• 編集プロダクション・リブロワークスのWebサイト

    突然ですが、皆さんは普段どれくらいスマートフォンを利用しているでしょうか?

    総務省の調査によると、2020年時点で世帯割合にして86.8%が所有しているスマートフォン。今や生活になくてはならないものとして、我々の身近に存在しています。電話やインターネットの利用はもちろん、音楽や動画を視聴したり、ゲームで遊んだりもお手のもの。非接触決済やQRコード決済を使えば、買い物だってできてしまいます。「スマホさえあれば出かけるのに困らない」というのは、もはやごく当たり前な日常です。

    しかし、それだけ生活に馴染んでいると、気になってくるのがその利用時間ではないでしょうか。なんでもできるスマートフォンですが、それ故に気付けばついつい触りすぎてしまうというのもよくあることです。折角便利なデバイスですので、その使い方もスマートにしたいものですよね。

    もしiPhoneを使っていて、その操作する時間を少しでも短くしたいのであれば、「ショートカット」を使うことで解決できるかもしれません。

    「ショートカット」とは

    「ショートカット」とは、Appleが提供するiPhoneおよびiPadで利用できるアプリです。よく使う操作を登録しておくと、簡単に一連の操作を実行することができます。

    「ショートカット」を使えば、「現在地から自宅までの経路を検索する」「特定の相手にメッセージを送信する」「写真からGIF画像を作成する」など、さまざまな操作がタップ1つで完了します。また、操作を自分の好みに合わせてカスタマイズすることも可能な、大変便利なアプリです。

    ショートカットを作成する

    では、実際にショートカットを作成してみたいと思います。ここでは例として、私がいつも行っている操作をショートカットとして作成してみます。

    私は「Apple Music」のサブスクリプションに登録しており、通勤中などは音楽をシャッフル再生して楽しんでいます。ランダムに流れてくる音楽から好みの一曲に出会うと、その曲を「ライブラリに追加」することで後からもう一度聞けるようにしています。

    ですが、この「ライブラリに追加」を行うには、「ミュージック」アプリを開いて操作する必要があります。そこまで手間ではありませんが、何度も繰り返していると煩わしく感じられることもあります。これをショートカットで解決できないでしょうか?

    そんな方法があるかどうか、まずは探してみましょう。「ショートカット」アプリを開き、画面下部の「ギャラリー」をタップすると、あらかじめ作成されたショートカットの一覧を確認することができます。このショートカットをそのまま使ってもよいですし、必要に応じてカスタマイズすることも可能です。

    「ギャラリー」をスクロールしていくと、「Apple Musicをもっと楽しむ」というカテゴリーを見つけることができます。「すべて表示」をタップして確認していくと、「プレイリストに追加」というショートカットがありました。このショートカットを実行すると、現在聞いている曲を任意のプレイリストに追加してくれます。探していた機能は「ライブラリに追加」でしたが、似たようなことができるショートカットです。

    このショートカットをタップし、「ショートカットを追加」してみましょう。すると、ショートカットが「マイショートカット」に追加され、実行できるようになります。

    試しにこのショートカットを実行してみましょう。画面下部の「マイショートカット」から「すべてのショートカット」を開くと、先ほど追加した「プレイリストに追加」のショートカットがあります。

    タップするとショートカットが実行され、追加先を選択する画面が表示されました。

    ここで「マイ・ミュージック・ライブラリ」をタップすると、現在聞いている曲をライブラリに追加することが可能です!

    ショートカットをカスタマイズする

    これでショートカットの作成ができました。ですが、折角便利な「ショートカット」ですから、もう少し便利になるとさらに嬉しいものです。ショートカットを実行するたびに毎回「マイ・ミュージック・ライブラリ」を選択するのはいささか面倒なので、これを選択しなくてもライブラリに追加するようにできないでしょうか?

    もう一度「マイショートカット」の画面から、今度は「プレイリストに追加」の「…」部分をタップします。すると、このショートカットの処理の内容を確認することができます。

    「現在の曲を取得」と「現在の曲をプレイリストに追加」という2つの処理に分かれています。この処理の単位を「アクション」といいます。

    「現在の曲をプレイリストに追加」のアクションは、「現在の曲」と「プレイリスト」の部分が青文字になっており、この部分は変更することが可能です。「プレイリスト」の文字をタップして、「Clear Variable」をタップしましょう。

    すると、「プレイリスト」の部分が変わるので、もう一度タップして好みのものを選びます。ここでは「マイ・ミュージック・ライブラリ」とします。

    また、このショートカットの名前も変更してしまいましょう。画面上部の名前をタップすれば変更可能です。

    こうすることで、ショートカットを実行するだけで現在聞いている曲をライブラリに追加できるようになりました!

    ショートカットを使いやすい場所に配置する

    ただ、このショートカットを実行するために、毎回「ショートカット」アプリを開く必要があるのだとしたら、手間はそんなに変わらないように思います。ですが、「ショートカット」アプリは、登録した操作をホーム画面に追加して実行しやすくすることができます。

    先ほど作成したショートカットの「…」部分をもう一度タップし、画面下の共有ボタンから「ホーム画面に追加」をタップします。こうすることで、ホーム画面にショートカットのアイコンを追加することができます!

    これで、ホーム画面からアイコンをタップするだけでショートカットを実行できるようになりました。

    しかし、ここまでくるともう少し手間を減らしたくなります。ホーム画面が複数ある場合、ショートカットのアイコンを配置したホーム画面にすぐ移動できるとは限りません。ホーム画面を開かずにこのショートカットを実行する方法はないでしょうか?

    iPhoneのロック画面をスワイプして左に移動すると、「ウィジェット」と呼ばれるアプリを簡易的に表示できる画面があります。ここに、ウィジェットとしてショートカットを登録することができます。

    まずは、ホーム画面の左端からさらに画面をスワイプして左に移動し、「ウィジェット」の画面を表示して「編集」をタップします。

    その後、画面左上の「+」をタップすると、追加できるウィジェットの一覧が表示されます。この中から「ショートカット」を探してタップし、「ウィジェットを追加」をタップすると、ショートカットのウィジェットが登録されます。

    これで、ロック画面から左にスワイプしてウィジェットをタップすれば、ショートカットを簡単に実行することができるようになります! iPhoneの画面を閉じてバックグラウンドで音楽を聞いているときなどは、こちらの方法で実行するとよいかもしれません。

    終わりに

    今回ご紹介したショートカットは1つだけでしたが、「ショートカット」は非常にさまざまな操作を登録しておくことができます。もしiPhoneをお使いであれば、一度「ショートカット」アプリから「ギャラリー」を覗いてみて、自分がいつも使っている操作に似たショートカットがあるかどうか探してみてはいかがでしょうか?