• 編集プロダクション・リブロワークスのWebサイト

    図を増やすほど評価は上がるけど、手間と時間がかかる……。ということで、定番図版と基本テクニックを紹介します。デザインセンスに自信がなくてもとりあえず定番を覚えておけば、その応用で図を量産できます。

    ※スライド内でNoto Sans CJK JP Regular、Medium、BoldとInconsolataを使用しています。

    汎用的な基本テクニック

    まずはどんな図版にも共通する基本テクニックです

    とりあえず線は太く

    細線の図を格好よく見せるためにはセンスが必要。とりあえず太線にしておけばそれなりによく見えます。

    線を太くすると、塗りは薄い色を適当に選べばよくなるので、色で迷わずに済みます(目立たせたいところに暖色を使って、他は寒色か白が定番。2色刷りの場合は目出せたいところに特色、1色刷りの場合は目出せたいところをベタ白抜きかグレーに)。

    矢印の使い分け

    図版はスライドの左上に置く

    原稿に使う図はトリミングしやすいよう配置しましょう。目的はプレゼンテーションではないので。

    状態や構造を表す図

    ここからIT書籍でよく出てくる図版のパターンを紹介していきますよ

    細かい補足説明はpptxのほうに書いてます。

    階層図

    ピラミッド階層図はスマートアートを使えば手早く作れますが、そのままだと微調整が困難。ある程度形ができたら、グループ解除で図形の集まりに変換してから調整するといいです。

    包含関係を表す図

    着色によって種類や関係性が把握しやすくなります。

    ネットワーク図

    ゴチャゴチャになりやすいので、縁なしの背景を敷いてグループを明確にします。ここを囲みにするとうるさすぎです。

    各部名称図

    コネクタを使うために、ボックスを置いておいてあとで非表示にします(塗りと線をナシにする)。

    変数への代入

    メモリ空間内の状態

    フローチャート

    ツリー図

    このへんはコネクタを普通に使えば特に難しいことはないです。

    その他の図

    段階、遷移を表す複合的な図

    変化を表すために、「丸数字付きの見出しを付ける」「大きめの矢印で方向を表す」「間に区切り線を引く」などの手法を使います。

    タイムライン(年表)

    年表は気を抜くとスカスカになり、情報を入れすぎると読みにくくなります。そこで、円と棒を組み合わせるなどの工夫で見た目の面白みを出します。説明文は外に出し、引き出し線でつなぐと配置の自由度が上がります。